1日5食ダイエット

1日5食を食べて、健康的にやせるダイエット!
ダイエットに効果的な食事方法やメニューからトレーニングの仕方まで紹介します。

絶食ダイエットの危険性!食事を抜くことで逆に太りやすくなる!?

ダイエットというと、「摂取カロリーをおさえよう」と考えて、食事を抜いてしまう人がいます。
この方法、たしかに一時的には効果はあるかもしれませんが、長期的に考えると非常に不健康なダイエット方法です。

1日5食ダイエットでは、いっかんして「摂取カロリー」を減らすのではなく「消費カロリー」を増やそうという話をしてきました。
ですので、基本的には食事をセーブするのではなく、筋肉増やそうという話になります。

今回は、食事を抜く絶食ダイエットの危険性について、解説していきたいとおもいます。

スポンサーリンク

食事を抜くとどんなことが起きるのか?

「絶食ダイエット」「断食ダイエット」で食事を抜くとどんなことが起きるのでしょうか?

よくあるのが例えば、

  • 食べ過ぎたので次の日は朝食を抜いて
  • 昼はお菓子だけ
  • 夜は食べないままそのまま寝る

という感じで、摂取カロリーを極端に減らす方法です。

このやり方は、たしかに一時的には体重がすごく下がります。
女性の方でもご飯を抜くと、いっきに2、3キロは痩せます。

ですがこのやり方は、栄養不足の体が筋肉をエネルギーに変えてしまい、根本的なダイエットにはなっていないのです。

筋肉量が減っているために、体重が減るのです。
筋肉は脂肪よりも重いので、減ると体重がいっきに落ちます。

食事を抜くと体は常にエネルギーを欲している状態になります。
体重が減ったからと思って食事をもとに戻すと、エネルギー不足の体はエネルギーをため込もうとしてエネルギーを脂肪にしてしまいます。

また空腹が続いたあとは1回の食事でついつい食べ過ぎてしまって、腹八分目を超えてしまいがちです。
腹八分目を超えた分はより脂肪となりやすいため、いっそう体に脂肪がついてしまいます。

食事を抜く事により

  • 筋肉量が減る
  • 食べた時に脂肪がつきやすい

となり、「リバウンドしやすい体」になってしまいます。

リバンドしやすいだけでなく、さらに…

リバウンドするだけならまだマシなのですが、筋肉の量も減っているため基礎代謝量が減り「痩せにくく太りやすい体」になってしまいます。

この生活を行うと「昔はご飯を抜けば体重を減らせたのに…」と、昔より痩せにくくなるという現象がおきます。
そしてさらに食べ物を制限して、というループにおちいってしまうとこれはかなり危険です。

また、意図的に食事を抜いてダイエットをするのではなく、社会人になって仕事が忙しく、食事を食べるタイミングがなくて、結果的に絶食ダイエットと同じような現象が起こることも多いです。

絶食ダイエットの危険性まとめ

「社会人になってしまって急に太った or 痩せてしまった」というのは、「食事間隔のバランスの悪さによる筋肉の減少」からきていることが多いです。

これは急になるものではなく時間をかけて徐々になっていくため、一度「痩せにくく太りやすい体」になってしまうと、戻すのが大変です。

二十歳のころの筋肉量に戻れば元の体型になります。
が、筋肉は落とすときは自然と落ちていきますが、つけようと思ったらしっかりとウエイトトレーニング(筋トレ)と食事管理をしないとつきません。

二十歳を超えると筋肉量は減少の一途をたどるため、筋肉量をキープして脂肪をつけない努力を継続的にしていくことが大切です!

では、「絶食ダイエット」までは行かないまでも、「炭水化物抜きダイエット」はどうなのでしょうか?
それについては次のページで解説します。

▶ 炭水化物抜きダイエットの危険性!正しい知識と理解でおこなおう!

スポンサーリンク

1日5食ダイエット ページ一覧

1. 1日5食ダイエットの方法や理論

2. 1日5食ダイエットの食事方法や参考レシピ

3. 1日5食ダイエットの運動やトレーニング方法

4. 1日5食ダイエット関連情報や豆知識

-関連情報・豆知識

コメント

執筆者:1日5食ダイエット