1日5食ダイエット

1日5食を食べて、健康的にやせるダイエット!
ダイエットに効果的な食事方法やメニューからトレーニングの仕方まで紹介します。

筋肉をより効率的につける方法!太らせてから痩せる!(※男性向け)

こちらはダイエットと同時に、筋肉をつけたいという男性向けです。
筋肉をつけることでより男らしい体つきになり、さらには太りにくく痩せやすい体になります。

10代から20代前半ぐらいまでであれば、中性的なやわらかい雰囲気の男性が好まれることもあるかもしれませんが、30代を超えてくるとその評価はガラッといっぺんします。
中性的な男性でも「おっさん化」というあらがえないビッグウェーブがやってくるのです。

30代にもなれば、仕事で責任のあるポジションにつくことも多くなると思います。
その時に、ぽよっとした体型でナヨナヨしている男よりも、シュッとした精悍な顔つきで筋肉があってビシっとしている男の方が、確実に評価が高いです。

  • 女性からみれば「守ってくれそう、頼もしい」
  • 部下からみれば「頼りがいがある、ついていきたくなる」

と思われること間違いなしです。
もうこれは本能的な部分でそれを感じます(笑)

このように男盛りの男性は、筋肉があることで「モテや仕事の評価」に確実につながっていくのです。
ですので、男性陣はダイエットをするのと同時に、ぜひ筋肉をつけて体づくりも一緒にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

私のトレーニング体験:太らせてから痩せる!

もともと「やせ気味体型」だった私ですが、筋肉質の体型を目指そうと思い

  • 3ヶ月で体重を18キロ増やしてから、
  • さらにその次の3ヶ月でトレーニングと1日5食ダイエットで体重を15キロ落とし、
  • 6ヶ月後には体脂肪率9%の体

となりました。

体重を落とす過程で「1日5食ダイエット」のテクニックを体得したのですが、そもそもなぜ最初に太らせる必要があったのかを説明します。
この方法は一気に筋肉質になりたい男性方向けです。

私が体重を増やした理由ですが、一言で言うと
「体重を増やしてからの方が、筋肉がつくスピードが圧倒的にはやい」
という理由につきます。

なぜそのようなことが言えるのか、具体的にお話していきます。

理由その1:体重を増やした方がウエイトトレーニングの効率が上がる

体重を増やすとウエイトトレーニングをする時に、より重い重量を持ち上げることができます。
体重が重ければ重いほど、筋肉への負荷をかけやすいのです。

ボディビルダーを目指す方にとってはわりとオーソドックスな方法のようですが、一般的にはあまり知られていないことだと思います。

ウエイトトレーニングは大変なので、2時間も3時間もできません。
筋肉痛(とその後の超回復)もあるので、私は週に2回以上はおこないませんでした。

週に2回・1時間のウエイトトレーニングだけで成果を出すためには、 1回のトレーニングの密度を上げる必要があります。
毎日ジムに通ったり1回数時間トレーニングができる方もいますが、私には現実的ではありませんでした…。

そこで1回のトレーニングでどれだけ効果を上げられるかということを考えると、体重を増やすことが非常に有効です。

理由その2:人間の体は脂肪をつけないと筋肉がつきにくいようにできている

実は人間の体は脂肪をつけないと筋肉がつきづらいのです。

なぜ脂肪を付けないと筋肉が付きづらいのか?
これは人間の体がそうできてしまっているとしか説明のしようがないのですが、私なりの考えを説明します。

筋肉が増えるということは、体のエネルギー消費量が増えるという事です。
体のエネルギー消費量が増えることを人間の体は嫌います。

エネルギーがなくなってしまうと人間の体は動かなくなってしまうからです。
これは非常に危険です。

だからまず筋肉よりも先にエネルギーの保存先である脂肪がないと、体は安心して筋肉を増やそうとしてはくれないのではないか、と考えています。

ボディビルで有名なマッスル北村氏が亡くなった原因は、体脂肪率を急激に下げたことによるエネルギー不足、つまり餓死に近い状態といわれています。
人間の体にとって筋肉だけ、という状態というのはとても避けたい状態なのです。

ちなみにボディビルダー(筋肉が多く体脂肪が少ない人)は、風邪をひきやすいということもあります。
エネルギーの保存先がないため、持久力もあまりまりません

見た目はめちゃくちゃ強そうですが、脂肪がないということは生存という点では弱点なんですね。

筋肉をより効率的につきやすくする方法まとめ

というわけで最初に脂肪を増やす事で、筋肉をつけやすい体が作れます。

体重を増やさずにトレーニングだけをしていたら、体脂肪率9%で同じ体型になるには1〜2年はかかっていたのではないかと思います。
こういった理由で、体重を増やす事が筋肉をつけるうえでは非常に効率的なやり方なのです。

ちなみに私が体重を増やした時は、まわりの人から「太ったね!(笑)」と驚かれ、「トレーニングの為に増やしている」と言ってもほとんどの人には理解されませんでしたが…(苦笑)
(本気で筋トレをしてる人だけはすぐに理解してくれました)

ですが、3ヶ月で体脂肪率9%になると、信じてもらえるようになりました。

というわけで次のページからは、その筋肉をつけるために必要な食事について解説していきます。

▶ 1日5食ダイエットの食事方法を解説!何を食べて、何に気をつける?

スポンサーリンク

1日5食ダイエット ページ一覧

1. 1日5食ダイエットの方法や理論

2. 1日5食ダイエットの食事方法や参考レシピ

3. 1日5食ダイエットの運動やトレーニング方法

4. 1日5食ダイエット関連情報や豆知識

-方法・理論

コメント

執筆者:1日5食ダイエット